MENU

【危険】勃起力は健康のバロメーター!男性は勃起力が弱くなったり、立たなくなったらやばいと思え!

◆ED(勃起不全)は生活習慣病からきている!?

 

勃起力が低下したり、立ちにくくなったりすることをED(勃起不全)と呼ばれています。

 

(もしEDと勃起力が下がったこととの関係がわからい人は「【10人中9人が誤解】ED(勃起不全)は勃起しないこと?EDの本当の意味とは!?」を読んでください)

 

日本人のED患者数ですが、増加傾向にあるとされています。その患者数ですが、1130万人にものぼり、年代別の発症リスクでは、40代で20% 50代で40% 60代では60%にもなるとされています。

 

このデータを普通に見ると

 

「EDは歳による肉体的な衰えからくるものなんだな」

 

と思われがちですが、実はEDの原因は、

 

生活習慣病から起因されるもの。

 

ということが、現在では解明されているのです。

 

生活習慣病の代表的な症状を並べると、高血圧、糖尿病、高脂血症、などがあり、これが原因となって、脳梗塞や心筋梗塞、心にも影響を与えてうつ病になるというケースもあります。

 

一見バラバラなこれらの症例ですが、実は原因は共通しています。

 

それは、血管が硬くなり、血の巡りが悪くなっている。

 

ということです。

 

もう少し専門的に説明すると「血中の一酸化炭素濃度が関係していて、血管の硬化(動脈硬化)を引き起こしているということです。

 

実はEDの原因も、動脈硬化にあるのです。

 

動脈硬化によって血の巡りが悪くなり、勃起の反応が阻害されるという仕組みで、EDの症状が身体に現れだします。ペニスの血管は心臓や脳より細いというのも、患者数が多い原因となっています。

 

◆EDは重大な病気の初期症状の可能性あり!?

 

日本人の医療技術のすごい勢いで成長しています。

 

しかし、脳卒中や心筋梗塞などの重大な生活習慣病については、発病と同時にまもなく死亡するケースもあって、普段からの予防意識の高さが身体を守るとされています。

 

そんな怖ろしい脳卒中や心筋梗塞ですが、実はこれらの症状はEDにも大きく関わっているのです!

 

EDも脳卒中や心筋梗塞と同じく血管が硬化することで引き起こされます。

 

脳の血管が詰まれば脳卒中、心臓の血管が詰まれば心筋梗塞、ペニスの血管が詰まればEDとなるのです。

 

<血管が詰まる場所で病名が変わる>

 

脳   → 脳卒中
心臓  → 心筋梗塞
ペニス → ED

 

 

EDが原因で命を落とすことは無いので、軽視されやすいのですが、実は脳卒中や心筋梗塞の初期症状がEDである場合がほとんどで、EDを自覚することが命を助けることになるという場合もあります。

 

脳血管の太さは3〜4ミリ。心臓の血管では5〜7ミリの太さがあるのですが、ペニスの血管は1ミリ前後しかありません。

 

<血管の細さ>
心臓 → 5~7mm
脳  → 3~4mm
ペニス → 1mm

 

つまり血管が硬化している場合、まっさきにEDの症状が身体に現れるということです。EDを気をつけることで、重大な病気に気がつき、初期段階で防げることもありますから、注意すべきですね。

クズ精力剤に騙されない!本当に効果のある精力剤とは?

【失敗しない】精力剤ランキング2017

中折れ改善する生活習慣

中折れを運動で改善

正しいオナニー

精力剤に関して

精力剤レビュー

心のED(心因性)

精力改善食材

ED改善治療薬

チントレで精力改善

このページの先頭へ